ブログ

【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定を獲得した事案(交通事故)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

40代男性の方からのご相談でした。路上で自転車で走行中、横を通り過ぎた自動車が突如として左折した結果、その自動車に衝突し、転倒して怪我(骨折)をしてしまったとのことでした。そこで、運転者に対して、損害賠償請求をしたいとのことでした。


【当事務所の対応】

治療の経過等に鑑みたところ、後遺障害が認められる可能性があったため、後遺障害診断書を取得し、自賠責保険会社に対して、被害者請求を行いました。その結果、自賠法施行令別表第二第14級9号に該当するとして、後遺障害等級の認定を得ることができました。


【コメント】

後遺障害等級を認めてもらえるかどうかは、初動が大切であり、治療が終わった後では挽回できなくなることも多くあります。したがって、交通事故に遭ってしまった場合には、すぐに弁護士に相談することが重要と考えます。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】刑事告訴により犯人の逮捕に至った事案(刑事事件)
  2. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  3. 【解決事例】クレジットカードの不正使用分の代金相当額を返金しても…
  4. 【解決事例】2ちゃんねるの投稿について削除請求が認められた事案(…
  5. 【解決事例】名誉毀損による損害賠償請求で金銭の支払いなしに和解で…
  6. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  7. 【解決事例】水漏れに対して損害賠償請求をした事案(損害賠償)
  8. 【解決事例】投資家からの資金調達やストックオプションの発行を実行…

最近の記事

PAGE TOP