ブログ

【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定を獲得した事案(交通事故)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

40代男性の方からのご相談でした。路上で自転車で走行中、横を通り過ぎた自動車が突如として左折した結果、その自動車に衝突し、転倒して怪我(骨折)をしてしまったとのことでした。そこで、運転者に対して、損害賠償請求をしたいとのことでした。


【当事務所の対応】

治療の経過等に鑑みたところ、後遺障害が認められる可能性があったため、後遺障害診断書を取得し、自賠責保険会社に対して、被害者請求を行いました。その結果、自賠法施行令別表第二第14級9号に該当するとして、後遺障害等級の認定を得ることができました。


【コメント】

後遺障害等級を認めてもらえるかどうかは、初動が大切であり、治療が終わった後では挽回できなくなることも多くあります。したがって、交通事故に遭ってしまった場合には、すぐに弁護士に相談することが重要と考えます。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】子会社の吸収合併を無事完了させた事案(企業法務)
  2. 【解決事例】推定相続人の廃除の申立てに対し、却下する旨の裁判を得…
  3. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…
  4. 【解決事例】遺産分割に際しての仮分割により預貯金の前払いを受けた…
  5. 【解決事例】不動産売買において損害賠償請求を免れた事案(不動産)…
  6. 【解決事例】子の大学進学のために養育費の増額が認められた事案(離…
  7. 【解決事例】名誉毀損による損害賠償請求で金銭の支払いなしに和解で…
  8. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)

最近の記事

PAGE TOP