ブログ

【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事案(知的財産権)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

都内において複数の美容室を経営している女性の経営者様からのご相談でした。この美容室の名称について商標権を取得しているところ、同一商圏内において、類似する標章を表示して同一の事業を営んでいる企業がおり、インターネット上の検索結果においても紛らわしい状況が生じているとして、その使用を差し止めたいとのことでした。


【当事務所の対応】

まずは内容証明郵便にて通知書を送付して交渉したものの、応じてもらえなかったため、商標法及び不正競争防止法に基づき差止等を求めて訴訟を提起したところ、和解により類似する標章を変更してもらうことができました。


【コメント】

企業の商号や商品名は、あまり法律面を意識せずに付けてしまうことが多いですが、他人の商標権等を侵害しないよう、予め気をつけることが必要です。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】学校事故において損害賠償を認めてもらえた事案(損害賠…
  2. 【解決事例】クレジットカードの不正使用分の代金相当額を返金しても…
  3. 【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費…
  4. 【解決事例】投資家からの資金調達やストックオプションの発行を実行…
  5. 【解決事例】水漏れに対して損害賠償請求をした事案(損害賠償)
  6. 【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得ら…
  7. 【解決事例】業務委託料の請求を阻止し、控訴審で逆転勝訴判決を得る…
  8. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…

最近の記事

PAGE TOP