ブログ

【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事案(知的財産権)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

都内において複数の美容室を経営している女性の経営者様からのご相談でした。この美容室の名称について商標権を取得しているところ、同一商圏内において、類似する標章を表示して同一の事業を営んでいる企業がおり、インターネット上の検索結果においても紛らわしい状況が生じているとして、その使用を差し止めたいとのことでした。


【当事務所の対応】

まずは内容証明郵便にて通知書を送付して交渉したものの、応じてもらえなかったため、商標法及び不正競争防止法に基づき差止等を求めて訴訟を提起したところ、和解により類似する標章を変更してもらうことができました。


【コメント】

企業の商号や商品名は、あまり法律面を意識せずに付けてしまうことが多いですが、他人の商標権等を侵害しないよう、予め気をつけることが必要です。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】小規模個人再生の申立てを行い、再生計画の認可を得た事…
  2. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  3. 【解決事例】事前に事務所の明渡しを行い、管財事件の予納金を低く抑…
  4. 【解決事例】顧問先の会社の社内においてコンプライアンス研修を実施…
  5. 【解決事例】賃借している不動産の管理会社からの要求を退けた事案(…
  6. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…
  7. 【解決事例】子の大学進学のために養育費の増額が認められた事案(離…
  8. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)

最近の記事

PAGE TOP