ブログ

【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費者被害)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

60代の男性からのご相談でした。自宅に工事業者の方が尋ねてきて、自宅を補修する必要があると言われ、300万円の工事の請負契約を締結してしまったとのことでした。後で冷静になって考えたところ、補修の必要はないのではにかと考え、契約を解除したいとのことでした。


【当事務所の対応】

訪問販売であり、特定商取引法に基づき、クーリングオフが可能な事案でしたので、そのことをお伝えし、クーリングオフのための通知書の作成を案内しました。その結果、請負契約を解除することができました。


【コメント】

工事が2日後に迫っていたため、早期に対応する必要がありました。代金を支払ったあとですと、裁判等をしなければならない可能性もあったため、早期の対応により、ご相談者様は無駄な費用負担をしなくて済みました。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  2. 【解決事例】クレジットカードの不正使用分の代金相当額を返金しても…
  3. 【解決事例】被害者と早期に示談して釈放してもらうことができた事案…
  4. 【解決事例】財産分与で不動産の評価額の2分の1相当額の支払いを受…
  5. 【解決事例】既婚者と偽っていた相手に慰謝料請求した事案(損害賠償…
  6. 【解決事例】離婚無効が認められるとともに損害賠償を請求した事案(…
  7. 【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事…
  8. 【解決事例】不動産売買において損害賠償請求を免れた事案(不動産)…

最近の記事

PAGE TOP