ブログ

【解決事例】業務委託料の請求を阻止し、控訴審で逆転勝訴判決を得ることができた事案(債権回収、不動産・建築)(被告側)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】


会社経営者様からのご相談でした。とある土地を取得すべく、その所有者の知人に調整をお願いし、買取りに成功したところ、その知人から業務委託料を請求され、訴訟を提起されてしまったという事案でした。第一審は別の弁護士に依頼したところ、敗訴してしまったため、控訴審から、改めて当事務所にご相談いただきました。


【当事務所の対応】


事案を改めて分析し、過去の裁判例等を調査し検討したところ、第一審で問題になった事項とは別の観点で、当方にとって有利な法的主張を展開できる余地があると考え、宅地建物取引業をの無免許業者の行為であり、報酬請求は認められないことを主張しました。その結果、控訴審判決において、無事、原告の請求を全て棄却する旨の逆転勝訴判決を得ることができました。


【コメント】


当事務所では、控訴審からのご依頼も受けつけておりますので、お気軽にご相談ください。

 


法律事務所DeRTA(デルタ) 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】子会社の吸収合併を無事完了させた事案(企業法務)
  2. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  3. 【解決事例】離婚無効が認められるとともに損害賠償を請求した事案(…
  4. 【解決事例】強制執行により賃貸物件から退去させた事案(不動産)
  5. 【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事…
  6. 【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を…
  7. 【解決事例】推定相続人の廃除の申立てに対し、却下する旨の裁判を得…
  8. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…

最近の記事

PAGE TOP