ブログ

【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得られた事案(不動産・建築)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

70代女性からのご相談でした。都内に土地を所有し、賃借人に賃貸しているところ、その賃借人が、土地上に建てたマンションと共に、借地権を第三者に譲渡することを希望しており、譲渡許可を求める借地非訟を申し立てられたとのことでした。


【当事務所の対応】

依頼者様の希望としては、譲渡自体、望ましいものではなかったので、譲渡の不許可を求めて争いました。その結果、最終的に、通常で認められるよりも多額の譲渡承諾料の支払いを受けることで、和解により解決することができました。


【コメント】

譲渡の不許可を求めてしっかりと争ったことが、良い結果に繋がったのではないかと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】水漏れに対して損害賠償請求をした事案(損害賠償)
  2. 【解決事例】被害者と早期に示談して釈放してもらうことができた事案…
  3. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)
  4. 【解決事例】離婚無効が認められるとともに損害賠償を請求した事案(…
  5. 【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費…
  6. 【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定…
  7. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  8. 【解決事例】学校事故において損害賠償を認めてもらえた事案(損害賠…

最近の記事

PAGE TOP