ブログ

【解決事例】不動産の賃借人からの請求を免れた事案(不動産)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

女性の会社経営者様からのご相談でした。不動産仲介会社を通じて、自社所有の物件を他人に賃貸したところ、当該物件が所在する地域は、公法上の制限が存在し、飲食店経営ができないことが判明したとして、錯誤(民法95条)により契約を取り消され、支払った金員の返還を求められたとのことでした。


【当事務所の対応】

過去の裁判例等を調査したところ、当方にとって有利な事例を発見することができ、これを元に反論の主張を展開したところ、最終的に賃借人からの請求を免れることができました。


【コメント】

当事務所では、事案を分析したうえで、当該事案に関連する文献や過去の判例等をしっかりと調査し、クライアントの皆さまに最も利益となるよう尽力いたします。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

関連記事

  1. 【解決事例】強制執行により賃貸物件から退去させた事案(不動産)
  2. 【解決事例】事前に事務所の明渡しを行い、管財事件の予納金を低く抑…
  3. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…
  4. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  5. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  6. 【解決事例】子会社の吸収合併を無事完了させた事案(企業法務)
  7. 【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定…
  8. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…

最近の記事

PAGE TOP