ブログ

【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を受けることができた事案(相続)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

60代男性からのご相談でした。養子ではあるものの被相続人から後継者として育てられた経験を有していたご相談者が、被相続人の妻から祭祀承継者であることを否定されたため、祭祀承継者として認めて欲しいということを希望されていました。そこで、被相続人の妻らを相手方として、祭祀承継の調停を申し立てました。


【当事務所の対応】

調停では話し合いがまとまらなかったため、事件は審判に移行しました。その中で、丁寧な主張・立証を繰り返した結果、当方の主張が全面的に認められました。


【コメント】

相手は被相続人の妻であり、被相続人が遺言では妻に対して多くの相続分を指定していたので、当方の主張が認められるか否かは微妙な事案でしたが、過去の経緯を丁寧に主張・立証し、また相手の主張に矛盾する証拠を提出できたことが良い結果につながりました。ご相談者のご希望はもちろん、被相続人の遺志も実現できたと思うので、とても良い結果だと思います。
当事務所では、特殊な分野も含めて幅広く対応しておりますので、どのようなご相談でもお気軽にご相談ください。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】相続開始前の遺留分放棄を許可する旨の審判を得た事案(…
  2. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  3. 【解決事例】業務委託料の請求を阻止し、控訴審で逆転勝訴判決を得る…
  4. 【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事…
  5. 【解決事例】推定相続人の廃除の申立てに対し、却下する旨の裁判を得…
  6. 【解決事例】既婚者と偽っていた相手に慰謝料請求した事案(損害賠償…
  7. 【解決事例】後遺障害を負ったとして損害賠償請求をした事案(損害賠…
  8. 【解決事例】クレジットカードの不正使用分の代金相当額を返金しても…

最近の記事

PAGE TOP