ブログ

【解決事例】遺産分割に際しての仮分割により預貯金の前払いを受けた事案(相続)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

60代男性からのご相談でした。被相続人である亡父が死去したため、遺産分割調停を申し立てたところ、調停が成立しない間に相続税の納付が必要となりましたが、手元に資金がないため、被相続人の遺産をもって支払いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

本件では、民法909条の2に基づく預貯金の払戻し(上限額150万円)では到底対応できなかったため、仮分割の申立てを行いました。その結果、最終的に相続税の納付のための仮分割の審判を得ることができました。


【コメント】

担当の裁判官はかなりシビアな方でしたが、丁寧に必要性等を説明したところ、最終的には認めてもらうことができました。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】後遺障害を負ったとして損害賠償請求をした事案(損害賠…
  2. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  3. 【解決事例】子会社の吸収合併を無事完了させた事案(企業法務)
  4. 【解決事例】離婚無効が認められるとともに損害賠償を請求した事案(…
  5. 【解決事例】業務委託料の請求を阻止し、控訴審で逆転勝訴判決を得る…
  6. 【解決事例】示談の成立により執行猶予を得ることができた事案(刑事…
  7. 【解決事例】強制執行により賃貸物件から退去させた事案(不動産)
  8. 【解決事例】被害者と早期に示談して釈放してもらうことができた事案…

最近の記事

PAGE TOP