ブログ

【解決事例】ご相談者にとって最も適切な遺言公正証書を作成した事案(相続)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

70代女性からのご相談でした。将来の相続の発生に備えて、相続人間の紛争を防止するために、遺言公正証書を作成しておきたいとのことでした。


【当事務所の対応】

遺産の内容を調査し、それぞれどのように相続させるか、相続人が相続開始時に死亡していた場合にどうするか等を聴取し、ご相談者様のご希望に添った遺言公正証書案を作成しました。


【コメント】

将来の相続の紛争を防止するためには、遺言書を作成することが最善の方法です。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得ら…
  2. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  3. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…
  4. 【解決事例】事前に名誉毀損の成否を検討し、発信者情報開示等の適否…
  5. 【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を…
  6. 【解決事例】賃借している不動産の管理会社からの要求を退けた事案(…
  7. 【解決事例】水漏れに対して損害賠償請求をした事案(損害賠償)
  8. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…

最近の記事

PAGE TOP