ブログ

【解決事例】相続開始前の遺留分放棄を許可する旨の審判を得た事案(相続)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

60代男性からのご相談でした。遺産分割協議の中で将来発生する相続に関して、遺留分を放棄する旨を合意したので、その手続を行いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

遺留分放棄の審判を申し立てました。申立てにあたって、遺留分放棄が相当であることを裏づける合意書等を作成し、提出しました。その結果、裁判所に出頭することなく、スムーズにこれを許可する旨の審判を得ることができました。


【コメント】

審判の申立てにあたって、事前にしっかりと準備をしたことが、スムーズな許可に至ったと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】賃借している不動産の管理会社からの要求を退けた事案(…
  2. 【解決事例】2ちゃんねるの投稿について削除請求が認められた事案(…
  3. 【解決事例】第一審で敗訴した事件について控訴審で減額に成功した事…
  4. 【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費…
  5. 【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得ら…
  6. 【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事…
  7. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  8. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…

最近の記事

PAGE TOP