ブログ

【解決事例】新規事業の立上げに伴い、法的整備を行った事例(企業法務)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

20代経営者の方からのご相談でした。相談者の方は、新規事業立上げにあたり、これまで関わったことのない分野であったため、法律面において、何を準備しなければならないかを把握されていませんでした。


【当事務所の対応】

法的に必要となる手続や注意すべき事項をアドバイスし、想定しているスキームを聴取してユーザーのための利用規約その他の規約を整備した結果、スムーズに新規事業を起ち上げることができました。


【コメント】

利用規約などは、インターネット上で検索をかければ多くヒットしますが、事業にあったものでなければ意味がありません。どのような契約類型やスキームを採用するかをしっかりと把握したうえで、提供するサービスにあった利用規約を作成する必要があります。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】投資家からの資金調達やストックオプションの発行を実行…
  2. 【解決事例】事前に事務所の明渡しを行い、管財事件の予納金を低く抑…
  3. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…
  4. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…
  5. 【解決事例】子会社の吸収合併を無事完了させた事案(企業法務)
  6. 【解決事例】LINEグループ内での名誉毀損について、損害賠償をし…
  7. 【解決事例】賃借している不動産の管理会社からの要求を退けた事案(…
  8. 【解決事例】関東圏内に複数の店舗を有する美容室について自己破産を…

最近の記事

PAGE TOP