ブログ

【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

30代の女性の方からのご相談でした。夫婦喧嘩により夫から家を追い出され、離婚を決意したところ、夫が「もう離婚だ」と言って応じるかのような姿勢でしたが、後にこれを撤回するような発言をする等、曖昧な態度であるため、どのように対応するのが得策か、というご相談でした。


【当事務所の対応】

相手が翻意する可能性もあったため、離婚条件については協議せず、まずは夫との離婚を優先させた結果、速やかに離婚することが出来ました。


【コメント】

今回のケースは、別居期間がほとんどなかったため、仮に夫が翻意していたら、離婚が難しい事案でしたので、翻意しないうちに速やかに協議離婚する必要がありました。夫から、様々な要求がありましたが、ともかく協議離婚を優先させ、それに向けて話を詰めていった結果、最後の最後に夫から離婚したくないかのような話がありましたが、「時既に遅し」ということで、協議離婚を成立させることができました。速やかに対応していなかったら、夫が翻意してしまい、調停や訴訟の期日を重ねざるを得ず、無駄な時間と労力を要していたと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】顧客の引抜き等に対して損害賠償請求をした事案(損害賠…
  2. 【解決事例】子会社の吸収合併を無事完了させた事案(企業法務)
  3. 【解決事例】2ちゃんねるの投稿について削除請求が認められた事案(…
  4. 【解決事例】ご相談者にとって最も適切な遺言公正証書を作成した事案…
  5. 【解決事例】新規事業の立上げに伴い、法的整備を行った事例(企業法…
  6. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…
  7. 【解決事例】LINEグループ内での名誉毀損について、損害賠償をし…
  8. 【解決事例】関東圏内に複数の店舗を有する美容室について自己破産を…

最近の記事

PAGE TOP