ブログ

【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

60代男性からのご相談でした。借金を返済できず、督促の連絡が頻繁に来ているので、自己破産をしたいとのことでした。


【当事務所の対応】

借金の状況等を確認させていただいたところ、最終の返済日から5年以上経過しており、かつ、訴訟にもなっていなかったようなので、借金は時効により消滅させることができる可能性がありました。そこで、それを前提に取引履歴の照会を行い、時効期間の経過が確認できたため、消滅時効の援用の通知を行いました。金融機関側もこれを認めて、無事、督促等はこなくなりました。


【コメント】

自己破産をする場合、実は裁判所への多額の予納金が発生したりするので、一定の資金が必要ですが、時効の援用で解決できたことにより、少ない費用負担で済みましたので、依頼者様にとっても良い結果であったと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】示談の成立により執行猶予を得ることができた事案(刑事…
  2. 【解決事例】刑事告訴により犯人の逮捕に至った事案(刑事事件)
  3. 【解決事例】遺産分割に際しての仮分割により預貯金の前払いを受けた…
  4. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  5. 【解決事例】顧客の引抜き等に対して損害賠償請求をした事案(損害賠…
  6. 【解決事例】投資詐欺に対して損害賠償請求訴訟を提起し、強制執行に…
  7. 【解決事例】財産分与で不動産の評価額の2分の1相当額の支払いを受…
  8. 【解決事例】子の大学進学のために養育費の増額が認められた事案(離…

最近の記事

PAGE TOP