ブログ

【解決事例】小規模個人再生の申立てを行い、再生計画の認可を得た事案(破産・民事再生)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

40代女性からのご相談でした。複数の金融機関から借入れを行ったところ、返済できなくなってしまい、どうしたらよいかわからないとのご相談でした。


【当事務所の対応】

債務の金額等から自己破産も考えられましたが、本人の強い希望で、小規模個人再生を申し立てることになり、再生手続開始決定を得たうえで、再生計画案の作成・提出を行い、最終的に無事認可を得ることができました。


【コメント】

ご相談者様は保険の外交員をされており、事情から自己破産はできないことはないものの、小規模個人再生を強く希望されたため、両手続のメリット・デメリットを説明したうえで、意思決定をいただきました。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得ら…
  2. 【解決事例】相続開始前の遺留分放棄を許可する旨の審判を得た事案(…
  3. 【解決事例】投資家からの資金調達やストックオプションの発行を実行…
  4. 【解決事例】子の大学進学のために養育費の増額が認められた事案(離…
  5. 【解決事例】刑事告訴により犯人の逮捕に至った事案(刑事事件)
  6. 【解決事例】2ちゃんねるの投稿について削除請求が認められた事案(…
  7. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  8. 【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を…

最近の記事

PAGE TOP