ブログ

【解決事例】示談の成立により執行猶予を得ることができた事案(刑事)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

当番弁護という制度により、弁護士会から派遣され、警察署で逮捕されていたご相談者様から依頼を受けました。逮捕の内容は、住居侵入と窃盗を3件行ったということで、逮捕・勾留されていました。


【当事務所の対応】

ご相談者様は自宅の退去を迫られていたため(また実刑の可能性もあり戻ってこれない可能性もあったため)、引越業者の手配を行い、引越作業に立ち合い、荷物を親類の方に引き渡しました。被害者の方と示談交渉を行い、3件分成立させることができました。その結果、有罪であるものの、執行猶予付の判決を得ることができました。


【コメント】

示談交渉については、かなり渋っていた方もいましたが、丁寧に交渉を続けた結果、最終的に応じていただくことができました。かなり悪質な事案ではありましたが、全ての事件について、示談をすることができたことが執行猶予に繋がったと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】LINEグループ内での名誉毀損について、損害賠償をし…
  2. 【解決事例】投資詐欺に対して損害賠償請求訴訟を提起し、強制執行に…
  3. 【解決事例】業務委託料の請求を阻止し、控訴審で逆転勝訴判決を得る…
  4. 【解決事例】被害者と早期に示談して釈放してもらうことができた事案…
  5. 【解決事例】不動産の賃借人からの請求を免れた事案(不動産)
  6. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)
  7. 【解決事例】水漏れに対して損害賠償請求をした事案(損害賠償)
  8. 【解決事例】投資家からの資金調達やストックオプションの発行を実行…

最近の記事

PAGE TOP