ブログ

【解決事例】離婚無効が認められるとともに損害賠償を請求した事案(離婚)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

30代女性からのご相談でした。婚姻関係が上手くいかず、別居していたところ、離婚の条件等の交渉もないまま、勝手に離婚届が提出されていたことが判明したため、離婚無効の確認訴訟を行いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

離婚届が偽造であることを裏づける証拠等を提出し、無事、離婚無効の判決を得ることができました。また、損害賠償請求についても、判決で比較的高額な金額を認めてもらうことができました。


【コメント】

当方の請求が無事認められたことは良かったですが、やはり訴訟となると当事者の負担も大きいので、離婚届が無断で提出されるおそれがある場合には、役所にて婚姻届の不受理申出を行っておくことが有効です。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を…
  2. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…
  3. 【解決事例】遺産分割に際しての仮分割により預貯金の前払いを受けた…
  4. 【解決事例】関東圏内に複数の店舗を有する美容室について自己破産を…
  5. 【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得ら…
  6. 【解決事例】投資詐欺に対して損害賠償請求訴訟を提起し、強制執行に…
  7. 【解決事例】名誉毀損による損害賠償請求で金銭の支払いなしに和解で…
  8. 【解決事例】事前に事務所の明渡しを行い、管財事件の予納金を低く抑…

最近の記事

PAGE TOP