ブログ

【解決事例】離婚無効が認められるとともに損害賠償を請求した事案(離婚)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

30代女性からのご相談でした。婚姻関係が上手くいかず、別居していたところ、離婚の条件等の交渉もないまま、勝手に離婚届が提出されていたことが判明したため、離婚無効の確認訴訟を行いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

離婚届が偽造であることを裏づける証拠等を提出し、無事、離婚無効の判決を得ることができました。また、損害賠償請求についても、判決で比較的高額な金額を認めてもらうことができました。


【コメント】

当方の請求が無事認められたことは良かったですが、やはり訴訟となると当事者の負担も大きいので、離婚届が無断で提出されるおそれがある場合には、役所にて婚姻届の不受理申出を行っておくことが有効です。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)
  2. 【解決事例】示談の成立により執行猶予を得ることができた事案(刑事…
  3. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  4. 【解決事例】第一審で敗訴した事件について控訴審で減額に成功した事…
  5. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  6. 【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費…
  7. 【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定…
  8. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…

最近の記事

PAGE TOP