ブログ

【解決事例】事前に名誉毀損の成否を検討し、発信者情報開示等の適否を検討した事案(名誉毀損・発信者情報開示)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

60代の著名な評論家の方のご相談でした。インターネット上の投稿内容がご相談者様の名誉毀損に該当すると考えるので、発信者情報開示と損害賠償を行いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

発信者情報開示等の申立てを行うまえに、問題の投稿内容が名誉毀損に該当するか、過去の裁判例等も調査のうえ検討しました。その結果、違法性が認められない可能性が高いことが判明しました。それを前提に進めることもあり得ましたが、ご相談者様はそこまで望んでおりませんでしたので、申立てはしないという意思決定をされました。


【コメント】

当事務所では、認容される可能性が低い事案について、弁護士報酬等を目当てに無理に訴訟提起等にもっていくことはいたしません。ご相談者様にとって、最も良い方法をご提案いたしますので、安心してお気軽にご相談ください。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定…
  2. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…
  3. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  4. 【解決事例】名誉毀損による損害賠償請求で金銭の支払いなしに和解で…
  5. 【解決事例】顧客の引抜き等に対して損害賠償請求をした事案(損害賠…
  6. 【解決事例】強制執行により賃貸物件から退去させた事案(不動産)
  7. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…
  8. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)

最近の記事

PAGE TOP