ブログ

【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起訴を獲得した事案(刑事事件)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

50代男性からの相談でした。友人とお店をはしごしてお酒を飲んだところ、朝方に警察官が来て「薬物を使用しているという通報があった」と言われてしまい、翌日、任意の尿検査に応じたところ、コカインの反応が出てしまったとのことでした。相談後、ご相談者の方は警察に逮捕されて、その後、勾留されてしまいました。


【当事務所の対応】

ご相談者の方は「絶対に薬物はやっていない。」と強く否定していたため、いわゆるドリンク・スパイキング(飲み物に薬物を混入して意識を失わせ、その隙に現金や所持品を盗み取る犯罪行為)の可能性を考えました。お酒(あるいは薬物)の影響で、ご相談者の方の当日の記憶が曖昧であったため、入店したであろう店を訪問し、従業員から聞き込み等を行いました。その結果、最終的に、相談者に有利な証拠が見つかり、検察官と交渉した結果、無事、起訴前に釈放してもらうことができました。


【コメント】

尿検査で薬物反応が出てしまうと、薬物を使用したことが強く推認され、かなり危険な状況ではありますが、現地調査等を行った結果、有利な情報を得ることができました。色々と行動してみることの大切さを学びました。

 

法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】財産分与で不動産の評価額の2分の1相当額の支払いを受…
  2. 【解決事例】借地権の譲渡許可において通常よりも高額な承諾料を得ら…
  3. 【解決事例】クレジットカードの不正使用分の代金相当額を返金しても…
  4. 【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事…
  5. 【解決事例】婚姻費用分担審判において、収入額を偽っていた夫に対し…
  6. 【解決事例】刑事告訴により犯人の逮捕に至った事案(刑事事件)
  7. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  8. 【解決事例】強制執行により賃貸物件から退去させた事案(不動産)

最近の記事

PAGE TOP