ブログ

【解決事例】後遺障害を負ったとして損害賠償請求をした事案(損害賠償)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

30代女性からのご相談でした。とある施設で歩行していたところ、床に飲み物がこぼれていて、ライトが薄暗くて気づかず、滑って転んでしまい、足を骨折してしまったとのことで、治療費等について損害賠償請求を希望されていました。


【当事務所の対応】

施設側は保険に加入していたため、保険会社と交渉することになりました。後遺障害の診断書等もあって、最終的に、後遺障害の存在を認めてもらい、将来の逸失利益等も含めて損害賠償をしてもらうことができました。


【コメント】

実は、施設内で転倒して怪我を負った場合に、施設側の責任を否定する裁判例もあるところですが、本件では無事、損害賠償を認めてもらえたので、良い結果でした。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】財産分与で不動産の評価額の2分の1相当額の支払いを受…
  2. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)
  3. 【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を…
  4. 【解決事例】新規事業の立上げに伴い、法的整備を行った事例(企業法…
  5. 【解決事例】水漏れに対して損害賠償請求をした事案(損害賠償)
  6. 【解決事例】不動産売買において損害賠償請求を免れた事案(不動産)…
  7. 【解決事例】ご相談者にとって最も適切な遺言公正証書を作成した事案…
  8. 【解決事例】遺産分割に際しての仮分割により預貯金の前払いを受けた…

最近の記事

PAGE TOP