ブログ

【解決事例】後遺障害を負ったとして損害賠償請求をした事案(損害賠償)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

30代女性からのご相談でした。とある施設で歩行していたところ、床に飲み物がこぼれていて、ライトが薄暗くて気づかず、滑って転んでしまい、足を骨折してしまったとのことで、治療費等について損害賠償請求を希望されていました。


【当事務所の対応】

施設側は保険に加入していたため、保険会社と交渉することになりました。後遺障害の診断書等もあって、最終的に、後遺障害の存在を認めてもらい、将来の逸失利益等も含めて損害賠償をしてもらうことができました。


【コメント】

実は、施設内で転倒して怪我を負った場合に、施設側の責任を否定する裁判例もあるところですが、本件では無事、損害賠償を認めてもらえたので、良い結果でした。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…
  2. 【解決事例】住宅の設計に関する報酬を請求した事案(不動産・建築)…
  3. 【解決事例】子の大学進学のために養育費の増額が認められた事案(離…
  4. 【解決事例】不動産の賃借人からの請求を免れた事案(不動産)
  5. 【解決事例】LINEグループ内での名誉毀損について、損害賠償をし…
  6. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  7. 【解決事例】2ちゃんねるの投稿について削除請求が認められた事案(…
  8. 【解決事例】第一審で敗訴した事件について控訴審で減額に成功した事…

最近の記事

PAGE TOP