ブログ

【解決事例】既婚者と偽っていた相手に慰謝料請求した事案(損害賠償)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

20代女性からのご相談でした。マッチングアプリで出合った相手と交際し、性交渉をしたところ、相手が既婚者であることが判明したため、損害賠償請求をしたいと希望されていました。


【当事務所の対応】

相手の方と交渉したところ、最終的に慰謝料200万円を支払ってもらうことができました。


【コメント】

法的に損害賠償請求権が認められることが確実とまではいえない事実関係でしたが、交渉の結果、相手も非を認めて慰謝料の支払いに同意してくれたので、良い解決に繋がったと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】コカイン使用の嫌疑で逮捕・勾留された事案において不起…
  2. 【解決事例】残業した事実を丁寧に立証したことにより当方の主張が認…
  3. 【解決事例】祭祀承継の審判において、養子であったご相談者が指定を…
  4. 【解決事例】不動産の賃借人からの請求を免れた事案(不動産)
  5. 【解決事例】投資詐欺に対して損害賠償請求訴訟を提起し、強制執行に…
  6. 【解決事例】LINEグループ内での名誉毀損について、損害賠償をし…
  7. 【解決事例】示談の成立により執行猶予を得ることができた事案(刑事…
  8. 【解決事例】相続開始前の遺留分放棄を許可する旨の審判を得た事案(…

最近の記事

PAGE TOP