ブログ

【解決事例】財産分与で不動産の評価額の2分の1相当額の支払いを受けた事案(離婚)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

40代の女性からのご相談でした。離婚を希望しているところ、相手が応じないので、調停と訴訟提起を行いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

調停を申し立てたところ、相手が応じなかったので、離婚訴訟を提起しました。この訴訟の中で、財産分与として、対象となる不動産の評価額の2分の1相当額を支払うよう主張したところ、ローン残高を控除した残額の2分の1相当額である400万円の支払いが認められました。


【コメント】

不動産の評価額について、これがローン残高を下回った場合には財産分与を受けられないので、比較的高額の評価を得られたのが、良い結果に繋がったと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】関東圏内に複数の店舗を有する美容室について自己破産を…
  2. 【解決事例】不動産の賃借人からの請求を免れた事案(不動産)
  3. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…
  4. 【解決事例】顧客の引抜き等に対して損害賠償請求をした事案(損害賠…
  5. 【解決事例】交通事故の損害賠償請求にあたって、後遺障害等級の認定…
  6. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  7. 【解決事例】子の大学進学のために養育費の増額が認められた事案(離…
  8. 【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費…

最近の記事

PAGE TOP