ブログ

【解決事例】財産分与で不動産の評価額の2分の1相当額の支払いを受けた事案(離婚)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。

【事案の概要】

40代の女性からのご相談でした。離婚を希望しているところ、相手が応じないので、調停と訴訟提起を行いたいとのことでした。


【当事務所の対応】

調停を申し立てたところ、相手が応じなかったので、離婚訴訟を提起しました。この訴訟の中で、財産分与として、対象となる不動産の評価額の2分の1相当額を支払うよう主張したところ、ローン残高を控除した残額の2分の1相当額である400万円の支払いが認められました。


【コメント】

不動産の評価額について、これがローン残高を下回った場合には財産分与を受けられないので、比較的高額の評価を得られたのが、良い結果に繋がったと思います。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】2ちゃんねるの投稿について削除請求が認められた事案(…
  2. 【解決事例】クレジットカードの不正使用分の代金相当額を返金しても…
  3. 【解決事例】商標権に基づく類似する標章の使用の差止めを請求した事…
  4. 【解決事例】刑事告訴により犯人の逮捕に至った事案(刑事事件)
  5. 【解決事例】投資家からの資金調達やストックオプションの発行を実行…
  6. 【解決事例】的確な初動対応により早期に離婚できた事案(離婚)
  7. 【解決事例】供託金の取戻請求権に対して転付命令を得て債権回収を行…
  8. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…

最近の記事

PAGE TOP