ブログ

【解決事例】刑事告訴により犯人の逮捕に至った事案(刑事事件)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

50代会社経営者様からのご相談でした。何者かによって、勝手に会社名義で携帯電話の利用契約が締結されていたうえ、郵便物の配達を一定期間保留する旨の不在届が郵便局に提出されていたとのことで、刑事告訴をしたいとのことでした。


【当事務所の対応】

何者かの行為は有印私文書偽造罪(刑法159条1項)、同行使罪(同法161条1項)及び業務妨害罪(同法233条)に該当すると考えたため、これが成立することを主張した告訴状を作成し、管轄の警察署に提出しました。その結果、捜査が進められ、被疑者の逮捕に至りました。


【コメント】

一般の方が被害届を提出しても警察が捜査を開始してくれないことがありますので、弁護士による告訴は有効な手段です。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】住宅の設計に関する報酬を請求した事案(不動産・建築)…
  2. 【解決事例】ご相談者にとって最も適切な遺言公正証書を作成した事案…
  3. 【解決事例】業務委託料の請求を阻止し、控訴審で逆転勝訴判決を得る…
  4. 【解決事例】不動産売買において損害賠償請求を免れた事案(不動産)…
  5. 【解決事例】代表者が行方不明のため取締役による準自己破産を申し立…
  6. 【解決事例】示談の成立により執行猶予を得ることができた事案(刑事…
  7. 【解決事例】賃借している不動産の管理会社からの要求を退けた事案(…
  8. 【解決事例】供託金の取戻請求権に対して転付命令を得て債権回収を行…

最近の記事

PAGE TOP