ブログ

【解決事例】強制執行により賃貸物件から退去させた事案(不動産)

当事務所では多岐に亘る分野の法律問題を取り扱っておりますが、ご参考のために解決事例の1つを紹介します。
※ 特定を避けるために事実関係を多少変更している部分もありますが、大枠部分は変えておりません。


【事案の概要】

60代女性からのご相談でした。自己が所有する物件を賃貸していたところ、賃料が支払われなくなってしまったので、未払賃料の請求と退去を求めたいとのことでした。


【当事務所の対応】

訴訟を提起し、勝訴判決を得たあと、強制執行の申立てを行った結果、執行官によって賃貸物件から退去させることができました。また、明渡しに掛かった約40万円ほどの費用についても、費用額確定処分を行い、未払賃料とともに、相手の給料を差し押さえることによって、回収することができました。


【コメント】

強制執行の前日に相手から電話が掛かってきて、色々な言い訳を述べていましたが、丁寧に対応した結果、強制執行の当日は特に抵抗等もなく、素直に応じてもらうことができました。


法律事務所DeRTA 弁護士 黒澤真志

 

関連記事

  1. 【解決事例】学校事故において損害賠償を認めてもらえた事案(損害賠…
  2. 【解決事例】自己破産をせず消滅時効の援用で解決でき事案(破産)
  3. 【解決事例】ご相談者にとって最も適切な遺言公正証書を作成した事案…
  4. 【解決事例】クーリングオフにより無駄な工事を回避できた事案(消費…
  5. 【解決事例】顧客の引抜き等に対して損害賠償請求をした事案(損害賠…
  6. 【解決事例】推定相続人の廃除の申立てに対し、却下する旨の裁判を得…
  7. 【解決事例】住宅の設計に関する報酬を請求した事案(不動産・建築)…
  8. 【解決事例】業務委託を行ったところ労働契約であるとして残業代等を…

最近の記事

PAGE TOP